見守り機能付き住宅普及へ

国土交通省,厚生労働省,法務省

その他|2024年03月01日

  • twitter

要配慮者の入居後を国が支援

 国は、高齢者などの住宅確保要配慮者(以下、要配慮者)向けの新たな居住支援策に動き出す。

 国土交通省、厚生労働省、法務省は、3省合同検討会を2023年12月に開催し、要配慮者の入居後の安否確認や見守りなどのサポートを行う住宅の普及を検討していくことを議論した。

 24年3月までに、中間とりまとめを発表する方針だ。

 要配慮者の中でも、特に単身の高齢者は30年には800万世帯に迫るとされている。この単身高齢者の入居受け入れに際し、オーナー側は入居後の死亡リスクを警戒してしまうという課題が挙がっていた。

 オーナーのリスクを軽減するためにも、入居中の見守りや入居者死亡時の対応を支援する必要性が検討されてきた。そして今回、入居中の安否確認や日々の見守りといった、入居後のサポート付き住宅の提供を国が検討している段階だ。

(2024年3月4日1面に掲載)

おすすめ記事▶『住宅弱者の居住支援実態報告』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ