LIFULL、おとり広告の削除推進

LIFULL(ライフル)

その他|2024年03月02日

  • twitter

発表会で質疑応答に答える、LIFULL HOMES事業本部の加藤哲哉事業支援ユニット長(右)

「鮮度の高い情報が重要」

 不動産情報のポータルサイトLIFULLHOME'S(ライフルホームズ)を運営するLIFULL(ライフル:東京都千代田区)は、2月15日におとり物件の現状について発表会を実施。物件情報の鮮度の重要さについて説明した。おとり広告には、架空や取引する意思のない物件の広告だけでなく、募集が終了している物件広告も含まれる。

 不動産情報を掲載するサイトの運営会社が発足した「ポータルサイト広告適正化部会」の公開した「違反物件情報等の共有」によると、おとり広告の件数は2018年度には2212件。22年度は126件と、5年間で約94%減少。それでも22年度に不動産情報サイト事業者連絡協議会(同)が行った「不動産情報サイト利用者意識アンケート」では、不動産会社の対応で不満だったことの1位に、「掲載物件の募集が終了していたこと」が挙がっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『LIFULL新社長インタビュー 伊東祐司氏、「挑む」第二創業期』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ