中間所得向け住宅の需要増

【連載】アメリカ不動産事情 第117回 米国のアフォーダブル住宅市場

投資|2024年04月05日

  • twitter

賃貸物件の不足深刻化

 2024年の年明け以降、急激な円安が続いている。3月22日時点で、対米ドルは約150円で新型コロナウイルス禍前の110円から3割以上の上昇だ。この時期に米国資産を売却して円転換でのメリットを享受する日本人投資家の動きもある。

 一方で米国大手企業が大型レイオフ(一時解雇)を発表する中、米国の大富豪や著名起業家たちは一斉に持ち株の売却を進めた。バブル期を超えた株式市場に見切りをつけた判断かもしれない。

価格高騰が続き廉価物件にニーズ

 00年以降、世界中で住宅価格の高騰が続く中、中間所得層が取得可能な比較的廉価な住宅、アフォーダブル・ハウジング(以下AH)を求める動きが顕著だ。

 直近10年で見ると伸び悩む一般世帯所得に対して上昇する住宅コストや土地不足に加え、大都市への人口集中により供給が追い付かない住宅事情からAHへの需要は急速に高まっている。とりわけ高騰する家賃から賃貸向けAHの不足は深刻だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『敷金の上限が家賃1カ月分に』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ