第百不動産、佐世保市で管理3500戸に拡大【注目企業インタビュー】

第百不動産

インタビュー|2024年04月14日

  • twitter

第百不動産 長崎県佐世保市 百武 茂樹 社長(68)

 総合不動産事業を展開する第百不動産(長崎県佐世保市)は、直近の10年間で売上高を約10倍に伸ばした。収益不動産の売買からの管理受託で管理戸数も拡大する。第百不動産の百武茂樹社長に、同社の強みと今後の展望を聞いた。

10年間で売上10倍の8億円

事業の多角化特徴

 第百不動産は賃貸管理事業を中核としながら、売買仲介事業やマンスリーマンション事業など複数の事業を展開し拡大してきた。

 2023年3月期の売上高は約8億円。直近5年間で毎年約1億円ずつ売り上げを伸ばしてきた。

 内訳は、売買仲介や買い取り再販、戸建て住宅の開発事業が全体の30%を占める。続いて、賃貸管理事業が25%。米軍住宅メンテナンス事業が10%、自社物件の賃料収入が10%、マンスリーマンション事業が10%、賃貸仲介事業が9%、駆け付けサービス事業6%だ。百武社長は「安定した経営のため、事業の柱を増やしてきた」と話す。

 商圏は、本社のある長崎県佐世保市を中心とした長崎県内で、拠点は1拠点。従業員数はパート・アルバイトを含め75人だ。

 管理戸数は約3500戸で、そのほかにも公営住宅を約5500戸、米海軍向け住宅のメンテナンス受託、社員寮の管理などを行っている。

 一般の賃貸住宅の管理を受託するオーナーは約230人で、うち約8〜9割が地主系だ。

 13年3月期と比較して、管理戸数は約18倍、売上高は約10倍、社員数は約7倍と事業を拡大させている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『FPR、法人仲介3455件に伸長【注目企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ