空き家の流通、制度で促進

国土交通省

法律・制度改正|2024年07月05日

  • twitter

長期の空室、仲手2.2カ月

 国土交通省は、空き家流通促進に向けた制度を強化する。「不動産業による空き家対策推進プログラム」を策定し6月21日に公表した。

 同プログラム策定の目的は、空き家流通のビジネス化だ。国交省の不動産・建設経済局不動産業課の不動産政策企画官の伏原洸氏は「宅建業者がしっかり収益を得られる設計にすることが結果的に空き家の流通促進につながる」と話す。

 ポイントは大きく4点。一つ目は、長期間使用されておらず、将来も使用見込みがない物件の媒介手数料の上限を変更。貸主からの媒介手数料は賃料の2.2カ月分まで受領できるとした。

 二つ目は「低廉な空家等」の流通にかかる媒介手数料の引き上げ。従来、「低廉な空き家等」の媒介手数料の上限は特例として原則の媒介手数料ではなく、18万円の1.1倍だった。これを30万円の1.1倍に引き上げた。

 三つ目は、媒介に至る前のコンサルティング業務の報酬受領に関してだ。従来から総合的なコンサル料については述べられていたが、より具体的に報酬を受けられる業務の指針を示した。

 四つ目は空き家の管理受託のガイドラインの策定。空き家の管理における標準的なルールを定め、契約書のひな型を示す。

(2024年7月8日1面に掲載)

おすすめ記事▶『省エネ性能ラベル表示、開始』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ