アンビションDXホールディングス、電子契約、クラウドで一元対応

アンビションDX(ディーエックス)ホールディングス

ニュース|2022年08月12日

  • twitter

 管理・仲介事業を行うアンビションDX(ディーエックス)ホールディングス(東京都渋谷区)は、22日から自社開発のクラウド型電子契約サービス「AMBITION Sign(アンビションサイン)」による契約を本格的に開始。年内に同社の管理物件における賃貸仲介時の全契約を電子化する方針だ。

管理物件の全契約で導入計画

 AMBITION Signの特徴は、大きく分けて二つ。一つ目は、契約関連業務を一つのクラウドサービス内で完了できる点だ。

 同サービスでは、テレビ会議での重要事項説明、適切な電子契約が行われるための一連の流れの確認、電子契約書などの添付・閲覧、電子署名を一元的に行うことができる。テレビ会議や電子署名が別のサービスである場合、複数のシステムを使いながらの対応になる。一つのシステム上で契約業務が完結することで不動産会社の業務負担を削減する。

 二つ目はブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用し、契約の順法性を担保した点だ。契約関連情報をハッシュ値に変換し、ブロックチェーンを用いて保全。タイムスタンプと同等の有効性が認められている。

 DX推進室の中村勇介室長は「管理物件のリーシングで取引のある仲介会社約500社に対して、同サービス利用による契約を基本としていく」と語る。2026年度までに不動産会社1000社の利用を目標とする。

(2022年8月15日21面に掲載)

おすすめ記事▶『ランドネット、紙書類の管理をネットで完結』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ