大和ライフネクスト、社員寮に新需要、4棟同時開設

大和ライフネクスト

ニュース|2022年09月23日

  • twitter

大阪府高槻市エリアに立つ物件外観のイメージ

 大和ハウスグループで、分譲マンションの管理を主力とする大和ライフネクスト(東京都港区)は、新型コロナウイルス下で変化した社員寮への需要に対応していく。2023年3月には、1室から借りられる法人向け賃貸マンション「エルプレイス」シリーズを4棟同時オープンする。

 同シリーズは累計約80棟目。ファシリティコンサルティング事業本部、営業開発二部の田口智己部長は「自社所有の老朽化した社宅を手放し、借り上げ社宅に移行する動きが継続している。コロナ下において、社員の採用数減少に伴い、必要な室数のみを借りられる物件の需要が高まっている」と話す。

 建設中の4棟は、すべて大阪府に立地。法人契約限定の賃貸マンションで、いわゆる社員寮の位置付けとなる。

 22年度には、今回の4棟に加え首都圏と関西に新たに3棟を開設予定だ。

(2022年9月26日1面に掲載)

おすすめ記事▶『投資ホテルの旧社員寮をリノベ、空港関係者ターゲットに募集開始』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ