投資ホテルの旧社員寮をリノベ、空港関係者ターゲットに募集開始

ビレッジハウス・マネジメント

物件紹介|2022年09月09日

  • twitter

 旧雇用促進住宅をリノベーションし賃貸住宅「ビレッジハウス」として展開するビレッジハウス・マネジメント(東京都港区)は8月19日、同社初となる旧社員寮のリノベ案件について発表した。7月30日から入居募集を開始し、約1カ月で17戸中9戸が申し込み済みとなった。

3LDKに競争力見込む、1カ月で約6割申し込み

 同物件「ビレッジハウス成田玉造」は、単身向けマンションとファミリー向けマンションの2棟232戸。隣接する2棟は、JR成田線成田駅からバスで9分に立地する。順次リノベを施し、第1弾として、単身向けワンルーム15戸とファミリー向け3LDKを2戸改修した。

 ターゲットは、成田国際空港関係者。既に入居を申し込んだ顧客の属性は、空港関連施設の関係者や物流関係企業の従事者だという。

 岩元龍彦CEOは「物件の特徴として、全室に無料のWi-Fiを設置予定。また、2DKを主とする団地が多いエリアのため、特に3LDKのファミリー物件は競争力があると見込んでいる」と話す。

 同社として旧社員寮の再生は初。グループで行ってきたホテルへの投資の際に、そのホテルの従業員向けの社員寮を併せて取得したことをきっかけに、ビレッジハウスとして再生する流れとなった。

 今後、旧社員寮の再生については関心があるとしたうえで、具体的な取得・再生の予定は未定とした。

(2022年9月12日1面に掲載)

おすすめ記事▶『ビレッジハウス・マネジメント、年内に全契約の電子化実現』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ