エーエスシー、定期報告書作成ソフトで業務効率化

エーエスシー,ハイトス土地建物

商品|2022年10月31日

  • twitter

 システム開発を手がけるエーエスシー(東京都大田区)は、報告書作成システム「物件の報告」を2020年より提供している。

音声入力や写真撮影し現場で作成

 物件の報告はスマートフォンやタブレット、パソコン上で「建物巡回点検報告書」や「退去立会報告書」をはじめとしたさまざまな報告書を、音声入力などを用いて現地で作成する仕組みだ。地図機能も搭載し、巡回の際にナビゲーションとして活用することもできる。月額利用料は1アカウントにつき8800円(税込み)だ。

 投資物件の建築請負や管理事業を行うハイトス土地建物(神奈川県厚木市)は、年間で15~20回ほど提出する定期清掃報告書などを同サービスで作成している。従来は外部の制作会社に依頼していたが、委託費の値上げを受け、同サービスを導入。結果的に作成コストの削減につなげた。

 7月にはオプション機能である「オーナーオンライン報告」の本格的な利用を開始した。クラウド上に報告書をアップロードすることでオーナーが閲覧できるようになるサービスだ。管理を受託する約2000人のオーナーのうち、およそ4割がクラウド上で報告書を受け取っている。紙の報告書の郵送をウェブ上での送付にした結果、1回の報告書発送につき、約40万円の経費削減につながっている。

 ハイトス土地建物渉外課の直井優美課長は「今後は退去立ち会いの報告書など、活用の幅を広げていきたい」と語る。

(2022年11月7日8面に掲載)

おすすめ記事▶『エーエスシー、スマホで報告書作成』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ