簡単施工で補修・機能アップ建材紹介 

クレスト,ゲットクリーンコート,東都積水,ベストワン

商品・サービス|2022年11月21日

  • twitter

 賃貸業界の繁忙期が迫ってきた。原状回復やリフォームの機会も増えてくるが、管理会社やオーナー自らが施工できる建材は、工期短縮、コスト削減の観点からありがたい存在だ。補修自体が物件の差別化につながる商材は、空室対策にも有効になる。今回は簡単に施工でき、耐久性や収納力を高める建材を紹介する。

傷んだ箇所のみ貼り替え

カッターで切断 部分貼り可能

 内装材メーカーのクレスト(東京都中央区)は、2021年10月より厚さ2mmの賃貸住宅向け床材「Reco(レコ)タイル」を販売している。

 塩化ビニール製の素材を採用しており、職人でなくてもカッターがあれば切断可能だ。9月から開始した代理店経由のオンライン販売では、オーナーが自ら購入して施工する事例もある。傷んだところのみの貼り替えができるため、余分な床材の使用がなくなり、コスト削減につながる。

 同社が独自に展開するビニール床タイル用接着剤「現状回復F(フロア)」と組み合わせて使用することで、重ね貼りにも対応する。クッションフロアを貼り替える場合、すべて剝がしてから新しい床材を貼り付ける必要があるが、その手間も省ける。

Recoタイルの写真

既存の床の上に重ねて貼ることができる(クレスト)

 カラーバリエーションは全6色展開。白系統の色をラインアップに加えることで、さまざまなタイプの物件に対応できる体制をとっている。

 岸稔社長は「部分貼りや重ね貼りが簡単にできることから、物件の雰囲気を気軽に変えることが可能だ。無駄なくエコロジーに使える商材であるため、原状回復費用も抑えられる」と語る。

磁石がくっつく板 壁紙の上から貼付

 フィルムシート施工などのリフォーム事業を展開するゲットクリーンコート(埼玉県伊奈町)は、壁面に磁石付きの小物などを設置できるようになる「マグチャクプレート」を開発し、7月より販売している。

 さびにくいクロム系ステンレス製の板で、磁石付きのラックや小物置き、タオル掛けなどのアクセサリーが付けられるようになる。板裏面の粘着剤付き両面テープで、クロスやタイル、化粧板などの上から貼り付けることができる。リビングのほか、キッチンやトイレなどの収納力アップを手軽に実現する商品だ。

マグチャクプレートの写真

磁石のため、小物の取り付け位置は自由に変更可能だ(ゲットクリーンコート)

 規格品となり、大きさは500mm×500mmのSサイズ、500mm×1000mmのMサイズ、1000mm×1000mmのLサイズで展開。無地や木目など、22種の色と柄を用意している。抗菌・防カビ・不燃性能があり、表面の汚れは中性洗剤などで拭き取れる。キッチンには調理道具やレシピ動画を見るためのタブレット置き場、玄関にはマスクや鍵を掛けるフックを付けるなど、賃貸住宅の差別化商品として活用できる。

 製品価格はSサイズが1万1000円、Mサイズが1万6500円、Lサイズが2万7500円(いずれも税込み・送料込み)。別途フィルムシートの施工を同時に発注する場合、マグチャクプレートの施工は無料で対応する。

樹脂素材で軽量化 ロール状にして運搬

 建材製品の開発・販売を行う東都積水(群馬県太田市)は、樹脂形成技術を用いた巾木(はばき)を20年10月から販売している。

 商品名は「巾木S+(エスプラス)」。樹脂素材であるため、軽量で柔らかく、施工がしやすい点が特徴だ。一般的な木巾木では1本4mで0.9kgの重さだが、同商品では1本20mで1.4kgまで軽量化している。ロール状で販売しており、運搬も簡単で保管場所も選ばない。施工の際は、はさみやカッターで必要な長さを切り出すことができる。

巾木S+の写真

柔らかく、カッターやはさみで施工できる(東都積水)

 価格は1セット20mで6600円(税込み)から販売。インターネットショップや建材商社、一部のホームセンターなどで購入が可能だ。

 経営管理部の内田光彦課長は「管理会社やリフォーム会社のほか、最近では投資用不動産販売会社からの問い合わせも増えている。現在は白色のみの展開だが、築古物件の部屋にもなじむような茶色のタイプを来春に販売する予定だ」と語る。

傷に強く耐久性高 のり・くぎ不要

 ロフト用はしごなど木材製品を製造・販売するベストワン(神奈川県横浜市)では、住宅用フローリング材「イノヴァーフロア」を17年より販売総代理店として販売している。

 イノヴァーフロアは、主に欧米で多く活用されているラミネートフロアという床材である。粉末状にした木の繊維を高密度で固めた板(HDF)を使用しており、傷が付きづらく耐久性に優れていることが特徴だ。

 商品の側面にある突起と溝をはめ込んで設置するため、のりやくぎが必要なく施工が容易であり、通常のフローリング材より工期を短縮できることも利点となる。つなぎ目の溝が少ないため、汚れがたまりづらくワックスがけも不要だ。6種のデザインがあり、部屋の雰囲気に合わせて色を選ぶことができる。1㎡あたりの単価は2813円(税込み)から。

イノヴァーフロアの施工事例

木造アパートへの施工事例(ベストワン)

 傷に強く、入居者の退去時のメンテナンスの負担が少ないため、賃貸住宅で活用されることが多い。DIYでの活用も増えており、和室を洋室に変更する際や、土足で入る部屋や床暖房のある部屋での施工事例がある。

 影山潤社長は「メンテナンス性の高さが賃貸住宅との相性の良さにつながっている。競合物件と差をつけるために活用してほしい」と話す。

(2022年11月28日8面に掲載)

おすすめ記事▶『サミット工業、フローリング格安修繕』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ