レオパレス21、環境省と経産省から勧告

レオパレス21

事件|2023年04月07日

  • twitter

 レオパレス21(東京都中野区)は3月23日、環境省と経済産業省から家電リサイクル法に基づく勧告を受けたと発表。廃棄家電の処理方法を適正化し、運用していくとする。

家電リサイクル法に違反

 勧告を受けたのは、家電リサイクル法上の小売業者に同社が該当していたにもかかわらず、同法で定めた義務に違反していた点だ。

 同社は、管理する賃貸住宅に備え付ける家電リサイクル法における家電4品目(以下、指定家電)の代金をオーナーから受領。その後、外部事業者へ費用を支払い、家電の設置、処理を任せていたことから小売業者である認識がなかった。そのため、同法で定められたリサイクル券の発行と家電の引き取りを行っていなかった。2020年4月~22年8月にかけて、小売業者として対応をしていなかったと確認されたのは、9万9440件だった。

 22年4月に、同社内で廃棄家電の処理手続きの調査を始め、6月に環境省と経産省に確認したところ、同法違反であったことが判明した。

 同社は「入居者やオーナーへの影響はない。一部オーナーに家電リサイクル券の排出者控えを当社より送付し対応する」とコメントした。

 レオパレス21に限らず、管理会社が指定家電をオーナーに販売した際、小売業者に該当する可能性があるので注意したい。

(2023年4月10日1面に掲載)

おすすめ記事▶『家主に家電販売で「小売業者」』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ