ゴールドエイジ、介護会社が初の小口化商品

ゴールドエイジ,ゴールドトラスト

商品|2023年04月16日

  • twitter

第1号ファンドの対象不動産であるゴールドエイジ エフの内観

 不動産の開発事業を行うゴールドトラスト(愛知県名古屋市)のグループ会社で、介護施設の運営などを行うゴールドエイジ(同)は5月8日から不動産特定共同事業法(不特法)に基づく第1号の不動産小口化商品の販売を開始する。介護施設やサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)の取得・開発資金に充てていく。

取得、開発に充て自社所有増

 第1号物件は、四日市あすなろう鉄道内部線南日永駅から徒歩約7分の場所に位置するサ高住だ。物件名は「ゴールドエイジ エフ」。総戸数は45戸で、RC造3階建てとなっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ゴールドトラスト、不動産小口化事業を本格化』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ