マンスリー市場動向を解説

e-Net少額短期保険

企業|2019年10月30日

  • twitter

セミナーの様子

 賃貸住宅入居者向け総合保険を提供するe-Net少額短期保険(長野県佐久市)は15日、『激変するマンスリー市場の現状と課題』と題してセミナーを行った。不動産会社を中心に20人ほどが参加した。

ポータルサイト活用と法人開拓で集客

 第1部は船井総合研究所(大阪市)住宅・不動産支援本部賃貸支援部の青木一将グループマネージャーが『マンスリー市場の動向と事業化に向け今取り組む事』をテーマに講演を行った。

 マンスリー事業は主にサブリースとして借り上げし、借り上げ率100パーセントで契約することが多いという。青木グループマネージャーは「平均稼働率を70パーセントとして、2カ月間で45日稼働する設定で粗利率は25パーセントを超える計算になる」と説明した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    3. 「これからは攻めの経営」

      常口アトム

    4. DIY可能バイクガレージを賃貸

      エスケイホーム

    5. 募集管理システムを導入

      高知ハウス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ