リロケーション・ジャパン、社宅や駐車場にEV充電器

リロケーション・ジャパン,TerraMotors(テラモーターズ)

商品|2023年11月04日

  • twitter

 社宅管理事業を展開するリロケーション・ジャパン(東京都新宿区)は10月12日、法人向け電気自動車(EV)インフラ構築サービス「リロのEV駐車場」の提供開始を発表した。2026年3月末までに、同社が法人顧客に代わって管理する社宅、駐車場などに1万基のEV充電設備を設置するとしている。

1万基の設置を目指す

 EV向けの充電サービスを手がけるTerraMotors(テラモーターズ:東京都港区)と提携。社宅仲介ネットワーク「ReloNet(リロネット)」への加盟社を含む賃貸管理会社とも提携し、全国の賃貸住宅オーナーに対しEV充電器の導入交渉から運用までを無料でサポートする。

 サービスの特徴は企業が初期費用なしで、社有車などのために充電インフラを整備できる点だ。同社は、借り上げ社宅・駐車場にEV充電設備を無償で設置する。

 同社およびTerraMotorsは、オーナーには利用分の電気料金を支払い、保守メンテナンスも無料で実施。法人顧客はEV充電設備の充電料金と合わせて、EV駐車場サービス利用料を月額固定で支払う。

 サービスは23年8月1日から開始し、10月19日時点で3社の法人顧客との契約が成立済みだ。現在は、24年の補助金申請に合わせて準備中で、EV充電設備の設置は、24年夏ごろを予定する。

 「脱炭素社会に向けた取り組みを行う企業が増えている中、22年ごろから社宅にEV充電設備を求める声を聞いていた。今後、社宅への同設備のニーズはさらに上がっていくとみている」(高橋孝一執行役員)

(2023年11月6日2面に掲載)

おすすめ記事▶『3点ユニットバス、「敬遠」1位【入居者に人気の設備ランキング2023 番外編】』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ