リンクジャパン、見守りIoT機器

リンクジャパン

商品|2023年08月10日

  • twitter

安否確認センサー本体

 IoT機器の開発を行うリンクジャパン(東京都港区)は、単身高齢者の見守りサービス「eMamoHome(イーマモホーム)」を2021年8月より提供している。

スマホアプリと連携

 スマートフォンアプリとIoT機器が連携して見守りを行う。提供する機器とシステムは主に三つ。一つ目は「スマートナースコール」だ。入居者がアプリを通して家族や介護士とビデオ通話をすることができる。在宅している中でも、健康状態について相談する際などに活用可能だ。

 二つ目は入居者の「安否確認センサー」。室内での入居者の活動状況を感知するセンサーと、ドアの開閉を感知するセンサーを設置することで、入居者の在宅の有無を確認できる。長時間部屋内で入居者の動きが感知されなかった場合、アラートを鳴らし、スマホアプリで入居者やその家族に通知して安否確認を行う。

 三つ目は、室温によってエアコンを自動で起動できる空調の管理機能だ。あらかじめアプリで設定した気温を超える場合に、自動で空調を作動させる。熱中症などの体の不調を未然に防ぐ。

 不動産会社やプロパティマネジメント会社、介護施設などを対象に、IoT機器の利用状況を管理できるクラウドシステムも提供する。eMamo事業部の大黒圭介ディレクターは「『自宅をサービス付き高齢者住宅へ』が商品コンセプト。単に見守るだけでなくより暮らしやすくすることができるサービスだ」と話す。

(2023年8月7日39面に掲載)

おすすめ記事▶『リンクジャパン、IoT設備スマホで操作』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ