JPI、最終局面を迎える「生産緑地問題」

JPI(日本計画研究所)

その他|2020年04月10日

  • twitter

『生産緑地問題』をテーマに講演する本田和之社長

 3月13日、JPI(日本計画研究所:東京都港区)が、東京都内にて「最終局面を迎えた 22年『生産緑地問題』への不動産業界の動向と賢い事業の取組み方」をテーマにしたセミナーを行った。講師を務めたのは、ホンダ商事(東京都渋谷区)の代表取締役で不動産コンサルティング技能登録者や定借プランナーなどの肩書を持つ本田和之氏。

戸建て分譲など四つの活用法

 1992年の生産緑地法施行から30年が経過する2022年には、この法律の施行当初に指定された生産緑地の解除手続きが可能になる。全国には三大都市圏を中心に約1万3500ヘクタールの生産緑地があり、再来年にはそのうち約8割が解除対象になるといわれ、それらが住宅用地として大量に供給されることによる不動産価格への影響が懸念されている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  3. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  4. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ