大阪府住宅供給公社、LGBT入居可能に

大阪府住宅供給公社

その他|2020年02月21日

  • twitter

LGBTを入居可能物件が各地で広がっ ている

 大阪府住宅供給公社(大阪市)は大阪府がLGBTなどの性的マイノリティ当事者を対象にした「大阪府パートナーシップ宣誓証明制度」を開始したことに伴い、公社賃貸住宅の入居資格要件を拡大。「パートナーシップ宣誓書受領証」があれば、公社の賃貸住宅に入居が可能となった。

府がパートナーシップ宣誓証明制度を開始

 LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャルなどの同性愛者や性同一性障害のトランスジェンダーなど性的少数者のことを示す。部屋探しの際に、好奇の目で見られたり、実際の見た目と異なる写真付きの身分証の提示することに抵抗があったり、家族や職場に周知していないために保証人がいなかったりするため、契約に至るまで多くのハードルがある。こうした背景とともに賃貸住宅業界では、仲介事業においてLGBTのサポートを積極的に行う不動産会社が出てきている。

 一人暮らしと偽り契約した部屋にパートナーが無断で生活した場合、火災発生時に保険が適用されなかったり、居住の届け出がないことから住んでいることに気づかれず救助されないリスクも考えられる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    4. コロナで民泊稼働ゼロも

    5. JAアメニティーハウス、契約の電子化 開始1年

      ジェイエーアメニティーハウス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ