M&A総合研究所、不動産業に対する買収ニーズ増加

M&A総合研究所

データ|2021年10月03日

  • twitter

 企業の合併・買収を仲介するM&A総合研究所(東京都千代田区)は3日、「上場企業M&A動向調査レポート(不動産業界版)」の結果を発表した。調査期間は2019年8月1日~20年7月31日および20年8月1日~21年7月31日で、対象は調査期間中に公表された不動産業種の企業を対象にした東証適時開示ベースのM&Aデータ。同データを解析して調査を行った。

上場企業のM&A動向レポート発表

 20年8月1日~21年7月31日の期間中上場企業が公表した不動産業種の企業対象のM&Aの件数は34件で、前年同時期の32件から106.2%と微増。買い手となった企業を業種別で見ると、最も多かったのが「不動産業」で17社、次いで「サービス業」が6社、「金融・保険業」が4社となった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『収益不動産の売買・管理を行うランドネット、ジャスダック上場』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ