玄関先が使える中庭が魅力|MMAAA一級建築士事務所

玉川台のアパートメント

人気物件|2019年11月12日

  • twitter

人の行き来は中庭を経由して行うように設計された

 『玉川台のアパートメント』は、4月末に竣工した全21戸、RC造のワンルーム賃貸住宅だ。建物に独創性を持たせながらも周辺住宅との調和を考慮してつくられた同物件は、竣工前に全戸成約となった。

昔ながらの小道のような曲線的なアプローチ

 『玉川台のアパートメント』が建てられた地域は、古くは農地だったが大正時代に宅地として開発された。100坪を超える敷地に広い庭や一軒家などが見られたが、時代とともに土地は分割されていった。同物件は、そのような「土地の履歴」をコンセプトに、昔ながらの緑地や戸建てのような雰囲気をいかに残すかを考慮してMMAAA(エムエムエーエーエー:東京都世田谷区)によりつくられた。

 同物件の敷地面積は約360㎡あるため一棟構成にすると、周囲に圧迫感を与えてしまう。そこで分棟構成とし、1階の半層を地下に設けた4階建てとした。さらに高度斜線・日影規制対策として切り妻型の屋根を採用している。周辺住宅と屋根の大きさが同等になるように意識した。

夜間になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気となる

夜間になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気となる

 各戸へは全て中庭を経由する配置とした。玄関前にはロードバイクなどをいじれるような余白を生むことで、豊かな暮らしが送れるような環境を提供している。また中庭の歩道はあえて直線的なラインにはせずに、昔の小道のような緩やかで自然な流れを意識した。そのため中庭の歩道はアスファルト敷きとし、脇にはきれいな花を咲かせる雑草「ワイルドフラワー」を植えている。花壇などのつくられた雰囲気ではなく、物件周辺にある路地の延長線上から自宅へ戻るようなイメージを大切にした。

ドアは最小限に抑え壁で空間仕切り奥行き創出

オブジェのようなハシゴを上ると、ロフトに通じる

オブジェのようなハシゴを上ると、ロフトに通じる

 2棟ともベランダ側がセットバックしているため、テラスや軒下空間が生まれるプランや、切り妻屋根を生かしたプラン、ロフト昇降用のハシゴを壁にオブジェのように備え付けたプラン、キッチンの壁を天井まで設けず窓からの光が感じられるプランなど、16のプランを用意した。住戸には必要以上の扉は設けず、壁で空間を仕切ることで奥行きを持たせている。


斜めの屋根を生かし、光が天井を伝いキッチンまで届く仕様となっている

斜めの屋根を生かし、光が天井を伝いキッチンまで届く仕様となっている

 さらに床を塩化ビニールシート、モルタル金ゴテ仕上げのうえコンクリートステインを施した床、そしてフローリングなどを使い、空間に変化を持たせた。1、2階の玄関扉はガラスの開き戸、3、4階は引き違い戸を採用し、カーテンレールを設けている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    3. 収益柱は賃貸管理・ホテル

      TATERU

    4. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    5. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ