民泊の苦情窓口一元化

観光庁

法律・制度改正|2017年01月17日

  • twitter

新法に内容盛りこむ

観光庁は12日、2016年度末までに通常国会に提出する民泊新法の法案の中で、民泊で発生した苦情などを受け付ける相談窓口を設ける内容を盛り込む可能性を示唆した。
なお、民泊新法は国土交通省と厚生労働省の共管となる。
現在、民泊で騒音などの苦情が発生した場合の相談は主に各自治体の保健所が受けていたが、マンションの管理組合が受けた苦情が厚生労働省や観光庁に問い合わせが来るケースもあった。
対応窓口が政府内になるのか、外部委託するのかなど詳細は今のところ検討中だ。

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ