民泊の苦情窓口一元化

観光庁

法律・制度|2017年01月17日

  • twitter

新法に内容盛りこむ

観光庁は12日、2016年度末までに通常国会に提出する民泊新法の法案の中で、民泊で発生した苦情などを受け付ける相談窓口を設ける内容を盛り込む可能性を示唆した。
なお、民泊新法は国土交通省と厚生労働省の共管となる。
現在、民泊で騒音などの苦情が発生した場合の相談は主に各自治体の保健所が受けていたが、マンションの管理組合が受けた苦情が厚生労働省や観光庁に問い合わせが来るケースもあった。
対応窓口が政府内になるのか、外部委託するのかなど詳細は今のところ検討中だ。

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ