風力発電企業が破産

ライズデザインファクトリー

企業|2017年05月09日

  • twitter

大口債権者が申し立て


太陽光発電や風力発電を土地付きでパッケージ販売する事業を手掛けていたライズデザインファクトリー(東京都豊島区)が4月19日、破産手続きの開始決定を受けた。
大口債権者であるA社が破産申し立てを行ったことにより、東京地方裁判所で決定した。

破産管財人の守屋法律事務所(東京都港区)守屋宏一弁護士は「債権額は3億5000万円に上り、今後の調査によりまだ増える可能性がある」と話す。

1500万円を支払ったが発電事業を始められなかった作野裕樹オーナーが、ブログにより会員を募る形で詐欺被害者の会を4月1日に立ち上げたばかりだった。
発注し入金してから約3カ月で風力発電設備が完成し、稼働を始める予定だったが、工事の手配や発電機などの手配が遅れているなど、あらゆる言い訳で先延ばしされ、返金を求めても応じないという内容だった。

詐欺被害者の会のメンバーの一人で2000万円を入金した大沼勇治さんは「破産管財人にはきっちりと金の流れを明らかにしてもらわなければ納得がいかない。記者会見を開き被害者に頭を下げて謝ってほしい」と述べた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ