無人内覧の導入結果を公開

三菱地所ハウスネット

企業|2017年08月16日

  • twitter

三菱地所ハウスネット(東京都新宿区)は8日、希望者が単独で内覧できるシステム『スマート内覧』を導入し、どのような曜日・時間帯に利用されたかなどの調査結果を公開。内覧件数は仲介店が休みの多い火曜日が18%、水曜日でも15%と一定数を獲得し、スマート内覧の未導入の物件に比べ1.2倍となったことがわかった。

調査を行ったのは2016年10月~17年4月で、同社が東京都23区内で管理する賃貸マンション『パークハビオ』など13棟のうちの空室が対象。
スマート内覧とは、ITベンチャー企業ライナフ(東京都千代田区)のIoT電子錠『NinjaLock(ニンジャロック)』と、物件ごとの公開ウェブカレンダーを連動させることで、希望者が営業担当者の立ち会いなしで内覧できるサービス。仲介店舗が利用する場合も管理会社との鍵の受け渡しが必要ないため、業務効率化につながるメリットがある。

個人が利用する場合、インターネットで事前に予約をした入居希望者が直接現地に行き、スマートフォンでニンジャロックを解錠することで内覧ができる。

三菱地所ハウスネットの篠原靖直企画部長は「今回の調査で、仲介会社に頼る件数を減らすと同時に、鍵の受け渡しなどにかかる時間的なコストの削減にもつながることがわかった。また、どの部屋にどのような属性の人が内覧したかもわかるので、今後の部屋づくりの参考にもできる」と話した。また、個人が単独で内見した場合、「一人で入居するかしないかの判断ができる」と答えた人が83.3%に上ったことに対し、「選ばれる物件となるよう注力していきたい。また、同行者がいなければ判断できないと考える人に対しては、オンラインチャットを取り入れて成約につなげる方法なども検討していきたい」と話した。

検索

アクセスランキング

  1. 【資格紹介】賃貸業界で使える!不動産関連資格15選

    一般財団法人不動産適正取引推進機構,一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会,IREM JAPAN,国土交通省,NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、一般社団法人金融財政事情研究会,一般社団法人ホームステージング協会,東京商工会議所,一般社団法人相続診断協会,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会,一般社団法人家族信託普及協会,NPO法人日本ホームインスペクターズ協会,一般財団法人職業技能振興会,公益財団法人不動産流通推進センター一般財団法人日本不動産コミュニティー,一般社団法人投資不動産流通協会

  2. 節税保険、包囲網狭まる

    金融庁,マニュライフ生命保険,渡邊浩滋総合事務所

  3. GATES、メタバースで賃貸仲介店舗

    GATES(ゲイツ),ANAP(アナップ)

  4. Mysurance、未加入や更新漏れを解消

    Mysurance(マイシュアランス),損害保険ジャパン

  5. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】グループ会社とのトータル管理をアピール

    日本住宅流通,カンエイ,大和ハウス工業,神崎建設工業

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ