住宅要配慮者の入居支援強化

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

その他|2018年05月25日

  • twitter

18年度会員総会を開催

多くの会員でにぎわった

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協)東京都支部(東京都千代田区)は14日、2018年度の会員総会を都内で開催。約350人が出席した。

総会では、18年度の事業計画について、女性活用の推進や住宅確保要配慮者の入居促進支援を重点施策として挙げた。特に改正住宅セーフティネット法における登録住宅の登録について、国や都と連携して進めることを強調した。

総会に続いて、記念講演が行われた。日本橋くるみ行政書士事務所(東京都中央区)の石井くるみ代表行政書士は「民泊新法施行直前!賃貸管理会社が押さえるポイント」と題して講演。「空き家を壊すのではなく民泊として有効活用する提案力が大事だ。東京五輪は賃貸管理業にとっても大きなビジネスチャンス」と指摘した。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ