サービスアパートメントで民泊

スペースデザイン

企業|2018年11月22日

  • twitter

渋谷区で運営開始

リビングと寝室の1LDKタイプ

サービスアパートメントを手掛けるスペースデザイン(東京都港区)は1日より、2017年3月にオープンした『ビュロー渋谷』で全37戸のうち8戸を民泊で併用運営している。

同社は18年7月に住宅宿泊管理業者の免許を取得した。サービスアパートメントでは最短1カ月からの利用だったが、民泊として1日単位での利用も可能となる。

東京メトロ銀座線「渋谷」駅から徒歩8分にある『ビュロー渋谷』は利用者の90%を外国人が占める。
民泊新法が施行される前から、管理する物件で民泊との併用ができるか検討してきた。宿泊物件は民泊物件紹介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)上と自社ホームページサイトで予約を受け付ける。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ