収益用賃貸マンションを強化

企業|2019年06月24日

  • twitter

2020年6月ごろに都内で第1弾物件が竣工予定

阪急阪神不動産 20年6月に竣工

阪急阪神不動産(大阪市)は、都内における収益用賃貸マンションの開発事業を強化する。2020年6月ごろに竣工する第1弾物件を皮切りに、現在約10棟の供給を予定している。

同社は、高級分譲マンション『geo(ジオ)』を中心に、関西圏で高い分譲実績を持つ。しかし分譲マンションの開発には、ある程度の土地面積が必要なことから、これまで好立地にもかかわらず事業化に至らないケースも多かったという。今回、小規模な60坪程度の土地も取得済みであり、単身世帯の需要が多い首都圏を主エリアとして、賃貸マンションも事業対象とすることで用地情報の活用・拡大につなげたい考えだ。

エリアは東京23区内が中心で、駅からの利便性を重視する。建設を予定している物件はいずれもRC造で、1棟あたりの規模は50戸未満。単身とDINKSをターゲットにした間取りに設定する。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    3. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    4. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    5. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ