東濃信用金庫、ファンド設立

東海|2019年09月13日

  • twitter

閉店したままだった『ワタナベビル』をリノベーション

多治見市の遊休不動産活用

 東濃信用金庫(岐阜県多治見市)は、一般財団法人民間都市開発推進機構(東京都江東区)と『多治見まちづくりファンド』を設立したと7月31日に発表した。

 同ファンドにそれぞれが2000万円出資する。ファンド期間は20年。ファンドを通じて多治見市の「多治見市中心市街地活性化基本計画」で設定された中心市街地やその周辺地域の空き店舗などを活用した民間のまちづくり事業を支援する。1件の事業に投資する金額は500~1000万円の予定で、現在事業者を募集中だ。開始した事業にさらに増資することで事業拡大が見込める場合は、ファンドへの追加出資も視野に入れる。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ