全住戸角部屋で三面採光を確保|篠崎弘之建築設計事務所

門前仲町の集合住宅

人気物件|2019年11月12日

  • twitter

小さな工場などがある地域になじむように考えられた外観

 『門前仲町の集合住宅』は全18戸、約25㎡の1Rが集まった賃貸住宅だ。アウトドア用品なども置ける玄関の土間を採用するなど、個々の快適さを追究した18のプランを用意。引き渡し前に一括借り上げが決まった物件である。

間取りタイプが18戸全て異なるワンルームを用意

 『門前仲町の集合住宅』の周辺は下町ならではの小さな工場や路地、住宅などが見られるエリアだ。

 同物件はこの地に路地を引き込んで造られた。圧迫感を抑えるため、4階と5階の2棟建てとし、共有スペースを開放的にすることで、地域との連続性を高めている。

 特長的なのは住戸の間取りがL字型になっている点だ。洗面・浴室・トイレを中央に配置するセンターコア方式を採用することで、隣接した住戸に生活の気配が感じにくい設計とした。

スタイリッシュな水回り。2方向から出入りできるプランも用意されている

スタイリッシュな水回り。2方向から出入りできるプランも用意されている

 約25㎡の1Rでありながら合計18タイプの部屋が用意されている点も、同物件の特長といえる。浴室(洗面・トイレ含む)を構造壁が囲い、そこから約700㎜部屋側に出ている構造上必要な壁柱をうまく活用し、自然と区分された空間を創出した。

ガラス扉手前が、玄関扉を入ってすぐの玄関の土間。ガラス扉の向こう側は、土間キッチン

ガラス扉手前が、玄関扉を入ってすぐの玄関の土間。ガラス扉の向こう側は、土間キッチン

たとえば飛び出した壁柱と壁柱の間にキッチンを設置することで、一つの空間としてつながっていながらも独立性を確立しているのだ。

浴室に扉を設けず部屋の一部と捉え設計

 同物件の浴室には基本的に居室側を仕切る扉を設けていない。換気面は全浴室に窓と浴室乾燥機を採用することで湿気に対応。そのうえで浴室が2方向につながるプランや、居室とバルコニーに行き来できるプランも設けた。設計を担当した篠崎弘之建築設計事務所(東京都渋谷区)はその理由について「浴室なども部屋の一部と考えているため」と語る。

家具を置くスペースを保ちつつ、開放感も得られる腰高窓を採用

家具を置くスペースを保ちつつ、開放感も得られる腰高窓を採用

 扉がないことで空間がひと続きに感じられるうえ、同物件は全住戸角部屋・3面採光で、全面に腰高窓を採用しているため、プランによっては浴室から外の景色が眺められるというメリットもある。ちなみに2棟は約700㎜のフロアレベル差を設け、窓からの風景がかぶらないように配慮している。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    3. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    4. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    5. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ