窓の設置の工夫で入居者交流促す|三家大地建築設計事務所

『15Rooms』

人気物件|2019年11月19日

  • twitter

窓が多く開放的な共有リビングダイニング。キッチン上の小窓からは個室が見える

 東京都世田谷区代沢に立つ『15Rooms(ルームズ)』は、15の個室が集まって造られたシェアハウスだ。共用部に個室が見える小窓を設け、入居者の人となりがさりげなく分かる造りとなっている。『Facebook』で募集をかけ、竣工後約1カ月半で満室となった。

天井高約3.5mのLDが特長のシェアハウス

 『15Rooms』はもともとIT企業の寮として計画していたが、途中で変更しシェアハウスとなった建物だ。そのためIT企業に勤める若い人たちの情報交換ができる場所というイメージも内包して設計されている。たとえば外階段から3階に上がれば共有リビングダイニングを通らなくても個室に入れるプランを設けることで、事務所や打ち合わせスペースとしても使える将来的な選択肢を持たせた。


窓に45度の角度を設けたため、独特な外観となっている

窓に45度の角度を設けたため、独特な外観となっている

 閑静な住宅街にある同建物。あえて窓を隣家に対して平行とせず45度の角度を設けることで隣家住民からの目線に配慮している。窓に角度をつけたことで生まれた三角形のバルコニーや凹凸のあるデザインが印象的な外観となった。隣家への圧迫感を軽減しつつ、各住戸の開口部はしっかりと確保した住まいだ。


階段と共有リビングダイニングには小窓を設け、入居者の人となりがさりげなく感じられるように配慮

階段と共有リビングダイニングには小窓を設け、入居者の人となりがさりげなく感じられるように配慮

 シャワー室やトイレ、洗濯室などの水回りは男女別々の場所に設置。さらに共有のリビングダイニングは、天井高約3.5mとし開放感も大切にした。

 また、階段と共有リビングダイニングのキッチン上部には、個室の様子がうかがえる小窓を設け、入居者の人となりが分かるような住まいを目指した。

 「建物に閉じこもってしまい、特殊なコミュニティーが生まれるような空間にはしたくない」と語ったのは、三家大地建築設計事務所の三家大地代表だ。


右側の開口部は上部だけではなく、下部も開けてドアのようにバルコニーに出られる

右側の開口部は上部だけではなく、下部も開けてドアのようにバルコニーに出られる

 そのため共有空間だけではなく、リフレッシュできるように個室の充実にもこだわった。バルコニーに出る扉の前にも家具が置けるように、2段階式のドアを採用。腰高より上部の窓だけ開けることもドアとして全て開放することも可能だ。鉄の表面に木材が貼られたもので同物件のために作られた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 受験者数が過去最多

      一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

    3. ホームネット、IoT電球で見守り

      ホームネット

    4. 駐車場の契約「電子化」へ

      大東建託リーシング

    5. 駅15分でも9割稼働

      一般社団法人日本シェアハウス連盟

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ