中古住宅を割賦販売

日本不動産割賦販売取引適正運営監視機構

法律・制度|2020年01月11日

  • twitter

 (一社)日本不動産割賦販売取引適正運営監視機構(東京都品川区)は、不動産割賦販売制度『カップる』で不動産流通の活性化を目指す。

不動産割賦機構 流通を活性化

 『カップる』は、同機構が制度化した新たな不動産売買の手法。自営業や外国籍など諸事情により住宅ローンが組みづらい方でもマイホームを購入することができる。売買の対象は、一戸建て・分譲マンション・貸家・空き家など中古住宅全般。

 売主は契約内容を「強制執行認諾付き公正証書」に残すため、買主が一定期間家賃を滞納するなどした場合は、法的な権限により退去させることが可能だ。また、途中解約の場合も一般的な賃貸住宅の退去時と同様、買主負担で原状回復工事などを行い、期間中に支払われた家賃は通常の賃料として回収する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

    2021年管理戸数ランキング

  2. リクルート、単身者がほしい設備ランキング

    リクルート

  3. 50位日本住宅流通、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

  4. 賃貸住宅管理業適正化法施行で高まる建物管理の重要性

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  5. 8位東急住宅リース、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ