長屋イメージ覆す開放感が好評

高池葉子建築設計事務所

人気物件|2020年01月16日

  • twitter

開口部が広いため、入居者たちの生活の気配が感じられるつくりだ

 東急東横線「都立大学」駅から徒歩15分の場所にある『目黒八雲の長屋(東京都目黒区)』は、壁式鉄筋コンクリート造、地下1階・地上3階の長屋形式の集合住宅だ。幅広い層に支持され、満室稼働の物件である。

入居者同士が交流しやすくなる設計、半透明の間仕切りで明るさを維持

 『目黒八雲の長屋』の立つ周辺は高級マンションや広い区画の邸宅などが見られる閑静な住宅街だ。設計した高池葉子建築設計事務所(東京都渋谷区)の高池葉子代表取締役によると、「周辺環境になじむ建物としつつ、住戸数をできるだけ増やし、さらに空間の豊かさを描くにはどうすれば良いかを考えて設計した」という。

 周辺住宅とのスケール感に合わせるため地上は3棟構成とした。地下は、三つに分割せずに一つの建物として連結させて設計。そうすることで、地上では通路の部分も地下では住戸の一部として活用できる。より広く住戸面積を確保しつつも、周辺住宅に配慮した建物づくりを可能としたのだ。

 さらに専用面積25・60~34・38㎡という居住空間をより広く感じてもらうために、地下と1階、2階と3階をメゾネット(2住戸除く)とし、縦方向の動線をつくりつつ空間に広がりを持たせている。各棟の玄関を向かい合うように設計し、入居者同士が自然とあいさつをする関係性が生まれやすくした。

棟と棟の間には砂利が敷かれ、玄関は向かい合っている

棟と棟の間には砂利が敷かれ、玄関は向かい合っている

 各住戸のリビングや居室はフローリング敷きとし、周りにライトグレーのビニルタイルの床材や吹き抜けなどを採用したスペースを設けた。

強化合わせガラスの床とキッチン部分が構造上の工夫により生まれた空間。天窓から陽光が注ぐ

強化合わせガラスの床とキッチン部分が構造上の工夫により生まれた空間。天窓から陽光が注ぐ

「あえて床材を変え、屋外のような雰囲気を目指した」(同氏)というこの空間は、より住まいを広く感じてもらうため、構造に工夫を施すことで生まれたという。例えばリビングや居室の天井高は約2300㎜だが、同空間は約2300から3200㎜となっている。住戸によっては隣家の美しい緑を借景として楽しめるつくりだ。さらにリビングや居室との境目には壁はつくらず、半透明のパネル状カーテンで仕切った。カーテンを開けば屋外の雰囲気が感じられ、来客が訪れた際などには閉めることでプライバシーが確保できる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. 国土交通省、心理的瑕疵を考える

      国土交通省

    4. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    5. 西成で起こる不動産バブル

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ