福島、不動産市況に弱さ

公益社団法人福島県不動産鑑定士協会

ニュース|2020年01月20日

  • twitter

 公益社団法人福島県不動産鑑定士協会(福島県郡山市)は2019年12月に『東日本大震災後の不動産市場動向アンケート調査結果(第19回)』を発表した。

増税の影響に警戒感

 福島県内の不動産業者126社から回答を得たアンケートを集計。住宅地、商業地、工業地など用途ごとに、10月1日時点の売買成約価格を前回4月1日時点と比較、また今後の成約価格の予測を聞いた。

 前回調査時との比較では各用途とも「ほぼ同じ」の割合が最も高く、次いで「下落した」が高かった。住宅地では「ほぼ同じ」が61・2%で前回調査から0・9ポイント増。「下落した」が28・4%で横ばい。「上昇した」が9・5%で0・8ポイント減となった。商業地では「ほぼ同じ」が67・9%で5・5ポイント増。「下落した」が21・4%で5・7ポイント減。「上昇した」が 9・5%で0・1ポイント増となった。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ