奈良県、空き店舗を交流スペースに改修

奈良県

リフォーム・リノベ|2020年01月25日

  • twitter

空き店舗を学生の手で改修する

 奈良県農林部奈良の木ブランド課(奈良市)は2019年末より、早稲田大学(東京都新宿区)との連携事業『笑屋』を開始した。放置状態となっていた蔵を、コミュニティースペースにするリノベーションを行う。

地元木材を利用し認知度向上

 同事業は10年より開始しており、奈良県産の木材を使った空間デザインなどを行っている。吉野杉をはじめとした木材のPRを目的として、学生のアイデアを盛り込んだイベントを毎年開催する。今回は吉野町にある、以前は店舗として使われていた蔵に、木材を使った改修を施す。カフェや地域住民が利用できるスペースとしての活用を見込んでいる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. アクロスコーポレーション、契約の電子化 マンスリーで活用

      アクロスコーポレーション

    4. ジェイ・エス・ビー、大型学生マンション竣工

      JSB(ジェイ・エス・ビー)

    5. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ