森下の集合住宅、自転車が置ける玄関土間が好評

設計事務所バリカン

人気物件|2020年01月25日

  • twitter

右側の壁に開いた長方形の空洞部分が、天井高1470cmほどの収納スペース

 『森下の集合住宅』は、1階はオフィス、2階以上が賃貸住宅で、1Rが11戸、メゾネットが3戸、オフィスが4戸の計18戸からなる。入居者のライフスタイルの充実のため全住戸に玄関土間を採用。物が置ける空間が多い点が人気の物件だ。

自転車を運びやすい13人乗りのエレベーター、水回りにガラス扉を採用し開放感演出

 設計事務所バリカン(東京都中野区)が手掛けた『森下の集合住宅』の周辺は、起伏の少ない平坦な地形だ。自転車好きにうれしい環境といえる。そこでコンセプトは「自転車を持って帰れる住まい」とした。

 全住戸内に自転車が置けるスペースを用意。通常、同建物の規模ならば6人乗りのエレベーターを採用するが、自転車好きやアウトドア好きなどに配慮して、13人乗りエレベーターを用意した。エレベーターは5・4㎡ほどの広さがあるため、自転車がそのまま載せられる上、他の入居者も同乗できる余裕がある。

 また住戸内には約1m×2m以上の玄関土間を採用し、自転車をはじめアウトドア用品などさまざまな物が置けるスペースを設けた。なかには自転車を並べて2台ほど置ける玄関土間のある住戸もある。さらに全住戸にハンガーパイプを採用。作り付けの棚を設けたプランも用意した。白を基調とした居室に黒い窓枠が部屋全体を引き締めている。

左側のグレーの床部分が土間。壁は自転車を飾れるほどの強度がある

左側のグレーの床部分が土間。壁は自転車を飾れるほどの強度がある

 4・5階部分に1住戸、5・6階部分に2住戸のメゾネットタイプの住戸を用意。最上階の1住戸のみ、寝室に天井高1470㎝ほどの収納スペースを用意。扉を設けず、見える収納としているため、趣味の物を飾って楽しむこともできる。

階段部分も日差しが注ぐ、明るいメゾネットタイプの住戸

階段部分も日差しが注ぐ、明るいメゾネットタイプの住戸

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ