ピアスタッフネットワーク、精神障がい者の住宅確保

ピアスタッフネットワーク

その他|2020年01月29日

  • twitter

当事者の実際の部屋探し経験も共有

 精神疾患がある人同士の支え合いを支援する市民団体、ピアスタッフネットワーク(東京都調布市)は20日に同市内で不動産会社セミナー「座談会方式で考える 精神疾患がある方に上手に住居を貸す方法」を開いた。疾患を抱える当事者や支援者、地域の不動産会社など21人が参加。精神疾患を抱えながらの住宅確保について意見を交わした。

当事者と支援者、不動産会社で座談会

 冒頭、飯野雄治事務局長が不動産会社などから事前ヒアリングした精神疾患がある人に住宅を貸しにくい理由、論点を整理。同じ住宅確保要配慮者とされる高齢者や外国人、ひとり親家庭などに比べても精神障がい者の受け入れは後回しにされることが多いという。トラブルや他の入居者への影響といった漠然とした不安や、支援する機関や人があっても手続きなどが負担と感じる場合もある。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ