国土交通省、心理的瑕疵を考える

国土交通省

その他|2020年02月19日

  • twitter

遺体が見つかった室内は損害が大きい

 国土交通省は2月5日、「第一回不動産取引における心理的瑕疵に関する検討会」を開催した。高齢化社会において自宅での死亡が増えることが予想される。

ガイドライン策定に向け検討会

 取引対象の不動産において過去に死亡事故が発生した事実など、心理的瑕疵になりうる場合の対応が課題になっており、既存住宅の流通活性化を素阻害する一因になっていることが背景にある。検討会では、心理的瑕疵にかかる適切な告知、取り扱いについてガイドラインを策定する方針となった。

 検討会に参加した委員は10人。岡本正治法律事務所の宇仁美咲弁護士、(一社)全国住宅産業協会の大津隆紀流通委員会委員、(一社)不動産流通経営協会の川浪達也事務局次長、涼風法律事務所の熊谷則一弁護士、(公社)全国宅地建物取引業協会連合会の佐々木正勝常務理事、(公社)全日本不動産協会の田代雅司理事、(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会NACS消費生活研究所の土田あつ子主任研究員、明海大学の中城康彦不動産学部長、(一財)不動産適正取引推進機構の中戸康文調査研究部主任研究員、(公財)日本賃貸住宅管理協会の藤之原正秋副会長。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ