全宅連、家賃や交通の利便性を重視

全宅連

その他|2020年03月04日

  • twitter

 全宅連はこのほど、『住宅の居住志向および購買等に関する2019年度のアンケート調査結果』を発表した。調査対象は全国の20歳以上の男女、調査期間は2019年9月23日~11月30日、有効回答数は2万2183件だった。

全宅連がアンケート結果発表

 アンケートは9月23日の「不動産の日」にちなんで実施した。それによると、「持家派か賃貸派か(現住居問わず)」では持家派が80・9%と全体の8割を占めた。トップ3の理由は「家賃を支払い続けることが無駄に思える」「持家を資産と考えている」「落ち着きたい」。

 19・1%の賃貸派は「住宅ローンに縛られたくない」「天災が起こった時に家所有がリスクになる」「税金が大変」という理由が多かった。賃貸派の19・1%のうちマンションを好む人が15・8%と、一戸建ての3・3%よりも圧倒的に多い。また、50代での賃貸派が13年度以降の調査で最も高く21・2%となった。

 「賃貸の重視点」は「家賃」が73・9%と最も多い。続いて「交通の利便性が良い」51・1%、「周辺・生活環境が良い」43・4%で、4位と5位にランクインしている住宅自体の間取りや日当たりなどよりも、住宅の置かれた環境がより重視される傾向にある。また、若い年代ほど家賃と交通の利便性を重視する傾向が強く、特に「家賃」に関しては20代と60代の差は20ポイント以上あった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  3. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  4. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ