不動産の電子契約を議論

法律・制度|2020年03月17日

  • twitter

 政府は9日、未来投資会議産官協議会「スマート公共サービス」会合の第2回を開催。行政手続きの電子化にとどまらず、官民の情報連携により、スマートな公共サービスの実現に向けて議論をする。今回は不動産取引や登記手続きのオンライン化がテーマに盛り込まれた。

スマート公共サービスの実現に向け情報共有

 法務省が不動産登記手続きについての課題を報告。完全オンラインでの手続きは、制度としても仕組としても運用可能だが、慣行上、申請書に添付されている固定資産評価証明書など電子証明書の普及が進んでいない。内閣官房IT総合戦略室からは、登記情報と固定資産課税台帳の情報連携の検討状況が述べられた。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ