日本社宅サービス、社宅代行受託トップシェア

日本社宅サービス

企業|2020年04月20日

  • twitter

 社宅管理事務代行事業のトップシェアを有するのは、日本社宅サービス(東京都新宿区)だ。同社は社宅管理事務代行事業と分譲マンションなどの施設総合管理事業を事業の柱として業績を伸ばし、今期は6期連続の過去最高売上高更新を見込む。2019年9月に代表取締役社長に就任した髙木章氏に今後の展開について話を聞いた。

6期連続の過去最高売上高の更新見込み

 ―事業の柱の一つである社宅管理事務代行事業ですが、市場規模は。

髙木 同業他社の受託件数を推察すると、100万件ほどになるのではないでしょうか。

 ―社宅代行受託企業数は何社ありますか。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ