厚生労働省、「住居確保給付金」相談急増

厚生労働省

法律・制度|2020年04月20日

  • twitter

 コロナ不況に伴う収入減で、賃貸住宅の家賃支払いが困難になる人が今後ますます増えることが予想される。厚生労働省は20日、救済策の一環で、家賃支払いを一定条件のもと最長3カ月支援する「住居確保給付金」の支給要件を緩和した。一部の自治体で相談件数が急増している。

支給要件緩和、コロナ不況でニーズ拡大

 同制度は厚労省管轄の「生活困窮者自立支援法」に基づくもの。コロナ問題を受けて、これまでは離職・廃業した日から2年以内の人を対象にしていた支給条件の一部を、7日、離職していなくとも不可抗力で収入が大幅に減少してしまった人も対象に入れると各自治体に通知した。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ