アットホーム、都心の高グレード物件がけん引

アットホーム

その他|2020年06月05日

  • twitter

 不動産情報サービスのアットホーム(東京都大田区)が5月28日に発表した、「首都圏の賃貸マンション・アパートにおける『定期借家物件』の募集家賃動向(2019年度)」によると、19年度の定期借家物件の平均募集家賃はマンション・アパートともに前年度比で上昇傾向となった。

首都圏の定期借家物件家賃動向

 マンションの定期借家物件の平均募集家賃は、「シングル向き」(30㎡以下)、「カップル向き」(30~50㎡)、「ファミリー向き」(50~70㎡)、「大型ファミリー向き」(70㎡超)のいずれの面積帯でも、「東京都下」を除いて前年度比おおむね上昇。大型ファミリー向きの平均募集家賃は全エリアで、普通借家物件より高くなっている。「東京23区」の定期借家物件は、好立地、高グレードな物件が多いことも要因として普通借家物件の平均募集家賃を約9万円上回った。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ