家賃支援給付金、要領発表

法律・制度|2020年07月13日

  • twitter

7日の記者会見で梶山大臣が発表(提供=経済産業省)

 飲食店舗など事業用賃貸の領域で家賃支払いを支援する新制度・新サービスが相次いで公開された。7日、経済産業省が「家賃支援給付金」の申請要領を発表した。一方、民間では、損害保険ジャパン(東京都新宿区)が、一定条件の下、家賃収入減を補償する『家賃プロテクション保険』を8月より販売する。コロナ不況の長期化でテナント事業者の減収が考えられる中、オーナー・管理会社は概要を把握しておきたい。

「家主に行き届く工夫」施す

 緊急事態宣言が解除されたアフター・コロナ下においても、多くの業種で以前の売り上げ水準を取り戻せていない。不況の長期化が予想される中、事業用不動産を所有、または管理するオーナーや管理会社にとって、家賃支払いを支援する給付金制度や保険商品は重要なものになりそうだ。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ