グローバル都市不動産研究所、ウィズコロナ時代の都市予測

グローバル都市不動産研究所

その他|2020年07月20日

  • twitter

 東京の都市研究を行うグローバル都市不動産研究所(東京都渋谷区)は8日、ウィズコロナ時代の都市の働き方・住まい方についての予測を発表した。

「東京の価値下がらない」

 同研究所の発表によれば、新型コロナウイルスの影響による経済の見通しを見ると、年内での終息は厳しい。世界銀行が公表した最新予測は2020年の世界経済成長率はマイナス5.2%と戦後最悪の景気後退となり、21年に4.2%まで回復する見通しだ。日本経済は20年にマイナス6.1%とリーマン・ショック後の09年、マイナス5.4%と比較しても景気後退は大きい。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ