野村不動産アーバンネット、首都圏の住宅地価下落傾向

野村不動産アーバンネット

その他|2020年07月21日

  • twitter

 野村不動産アーバンネット(東京都新宿区)が9日に発表した、1日時点の首都圏「住宅地価格動向」の調査結果によると、2020年4~6月期の「住宅地価格」は、首都圏エリア平均がマイナス0.7%の変動率と、前回(1~3月期)の0.0%から2四半期連続のマイナスとなった。

2四半期連続でマイナス

 住宅地168の調査地点のうち、「値上がり」を示した地点が1.8%(前回3.6%)、「横ばい」が72.0%(前回91.7%)、「値下がり」を示した地点が26.2(前回4.8%)。「値上がり」と「横ばい」の地点が減少、「値下がり」の地点が増加した。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ