不動産投資の教科書、コロナ禍でも9割が投資継続

不動産投資の教科書

データ|2020年11月12日

  • twitter

 月間30万人が訪問する不動産投資情報サイトを運営する不動産投資の教科書(東京都港区)の「コロナ禍における不動産投資」の実態調査で、不動産投資家の約9割が「今後も不動産投資を継続して行う」と回答していることが分かった。

「マイナス影響あり」は6割

 不動産投資家330人を対象に10月8、9日に実施したインターネット調査で、「2021年以降も不動産投資を継続して行うか」という質問には、87%が「はい」と回答した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

    2021年管理戸数ランキング

  2. リクルート、単身者がほしい設備ランキング

    リクルート

  3. 50位日本住宅流通、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

  4. 賃貸住宅管理業適正化法施行で高まる建物管理の重要性

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  5. 8位東急住宅リース、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ