アットホーム、部屋探しアプリ、刷新

アットホーム

ニュース|2020年12月23日

  • twitter

『アットホームであった!』のトップ画面イメージ

 アットホーム(東京都大田区)は、10日、部屋探しアプリ『アットホームであった!』をリリースした。

探しやすさを追求

 『アットホームであった!』は、2019年9月から提供している『学生・社会人ひとり暮らしのためのお部屋探し』アプリを大幅にリニューアルし、1人暮らし以外にカップルの住まい探しに特化した機能を追加したものだ。

 リニューアルにあたり、ポータルサイトでの部屋探しの方法を見直すこととし、実際にポータルサイトで部屋探しをした人に、困った点や不便だった点、ポータルサイトの利用実態などについてヒアリング調査を行った。それらの課題を解決できる機能を搭載し、部屋探しがしやすいようにした。

 リニューアル後の探し方は、『学生ひとり暮らし』『社会人ひとり暮らし』『カップルふたり暮らし』の三つのメニューを用意し、それぞれ簡単な質問に答えて住みたい部屋のプランを作成してから部屋探しをする流れとなる。学校名や勤務先、よく行く場所などから住みたいエリアの選択ができるため、土地勘がない人でもエリア選びがしやすくなった。

 例えば『カップルふたり暮らし』では、二人の勤務先から住みたいエリアを選択できたり、二人のアプリをペアリングすることでチェックした部屋情報の共有、二人で話せるトーク機能などが使える。『学生ひとり暮らし』では、6項目の質問に答えるだけの『住みたいお部屋診断』機能で、初めての1人暮らしでも部屋探しが簡単にできる。『社会人ひとり暮らし』では、11個の『こだわり診断』で「バス・トイレは別」「防音性は重視したい」などの詳細条件を設定できる。

 今後は、部屋探しから引っ越しまでをオンライン化することに注力し、ユーザーが快適に部屋探しをできるようサービスの改善や拡充に取り組んでいくとしている。

(12月21日2面に掲載)

おすすめ記事▶『アットホーム、子育てにおすすめの物件を調査』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ