高齢者・障がい者向けの賃貸住宅を運営

その他|2020年12月26日

  • twitter

鈴木オーナーが所有する福祉アパート「あんしん荘」

 2016年からアパートを購入し、以後購入したアパート4棟34戸を高齢者や障がい者向けとして賃貸しているのが、鈴木かずやオーナー(茨城県取手市)だ。

家族がいなくても居住支援法人と連携して支援

 高齢者や障がい者を積極的に受け入れて、34戸中28戸が何かしら配慮、支援が必要な入居者だという。単身男性が大半だ。

 そんな高齢者を多く受け入れている鈴木オーナーはこれまでほとんどトラブルなく賃貸経営ができているという。その理由は大きく二つある。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ