東急、不動産運営事業を子会社へ移管

東急

ニュース|2021年01月18日

  • twitter

 東急(東京都渋谷区)は、100%子会社で賃貸マンションやオフィス、商業施設などの管理を行う東急ファシリティサービス(同世田谷区)へ不動産運営事業を2021年4月より順次移管する。併せて、東急ファシリティサービスは「東急プロパティマネジメント」に商号を変更する。

 今回の事業移管は、東急が30年までの経営スタンスおよびエリア戦略・事業戦略などをまとめた「長期経営構想」の一環。都市開発事業の戦略として掲げる「東急ならではの街づくりの推進」および「不動産事業から都市経営への進化」を具現化するべく実施する。

 具体的には、アセットマネジメント部門とプロパティマネジメント部門を切り離して専門特化させることが狙い。その理由は市場創造型の不動産ビジネスを展開するにあたり、より専門的な不動産管理・運営が必要になったからだ。今後は自社の開発物件以外からの管理受託も強化していく。

(1月18日1面に掲載)

おすすめ記事▶『東急、街中再生の〝担い手発掘〟前進』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  2. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  3. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【前編】

    トレジャールーム, 中島住宅

  5. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ