賃貸不動産経営管理士協議会、管理士試験、結果を発表

一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

ニュース|2021年01月21日

  • twitter

感染対策を講じつつ全国27地域で試験実施

 一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会(東京都千代田区)は8日、令和2年度賃貸不動産経営管理士試験の結果概要を公表した。

8000人超が合格

 合格者数は8146人で、合格率は29.8%だった。累計合格者数は7万8075人となった。 前年度に比べて合格率が大きく下がった。令和元年度の合格率は36.8%だった。今回結果を公表した同2年度では前年度よりも7ポイント下げる結果となった。合格者数も、前年度と比べて552人少なかった。

 今回の合否基準は出題50問中34問以上(5問免除者は45問中29問以上)を正解した人を合格者とした。

 合格者の最高齢は82歳、最年少は18歳だった。幅広い年齢の人が受験した。受験者数は2万7338人だった。

 今後資格の重要性はさらに高まる可能性がある。今年6月施行の「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」では、一定規模以上の管理戸数を有する賃貸住宅管理業者は、登録制度への登録が義務付けられる。

 登録事業者は、事業所ごとの1人以上の業務管理者の設置が義務付けられる。

(1月18日2面に掲載)

おすすめ記事▶『賃貸不動産経営管理士協議会、新法に関する要望書を国に提出』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策①【後編】

    マエダエステート, 村上不動産

  5. データで見る相続問題

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ