日本賃貸住宅管理協会、平均居住期間単身は2~4年

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

市況|2021年03月26日

  • twitter

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京都千代田区)が2020年12月に発表した『日管協短観』では、賃貸住宅の平均居住期間の調査結果が明記されている。同調査によると、単身者の場合、2~4年間居住する割合が66.9%と最も多く、ファミリーの場合は、4~6年間居住する割合が61.0%と最も多かった。単身者よりファミリーのほうが長く住む傾向があるといわれているが、同調査でも明らかだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  2. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. 【書籍紹介】『令和3年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策』

  5. 【書籍紹介】『10万円から始めて 資産を200倍にする小型成長株投資』

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ