日本賃貸住宅管理協会、平均居住期間単身は2~4年

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

データ|2021年03月26日

  • twitter

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京都千代田区)が2020年12月に発表した『日管協短観』では、賃貸住宅の平均居住期間の調査結果が明記されている。同調査によると、単身者の場合、2~4年間居住する割合が66.9%と最も多く、ファミリーの場合は、4~6年間居住する割合が61.0%と最も多かった。単身者よりファミリーのほうが長く住む傾向があるといわれているが、同調査でも明らかだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ