住居確保給付金申請が急増

厚生労働省, ビレッジハウス・マネジメント

ニュース|2021年04月12日

  • twitter

 コロナ禍で収入が減り家賃の支払いがままならない場合に、一定額の家賃相当分を支給する住居確保給付金の申請件数が2月に7500件を超えた。5カ月ぶりの高水準だ。国や自治体は、住宅確保要配慮者への生活サポートなどを行う居住支援法人への補助を増額。賃貸住宅の入居者支援を強化する。管理会社は制度を理解し、支援が必要になった入居者に情報提供を行っていく姿勢が求められる。

5カ月ぶり高水準、手続き期間延長

20年4月の要件緩和後累計14万4237件

 2021年2月の住居確保給付金の申請件数は、7556件となり、5カ月ぶりに申請数が7000件を超えたことが本紙の取材で明らかになった。2月の支給件数は5131件だった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

  5. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ